当整骨院で行う施術方法

メドマー(空気圧治療)

メドマー治療について

脚は第二の心臓といわれるほど、体内の血液の流れに深くかかわっています。動脈の血流は心臓のポンプ作用で全身に送られますが、末梢血管から静脈になって心臓に戻る血液の流れが滞るのが問題です。心臓の位置から遠い足部の血流は、歩行や運動などによる筋肉の収縮・弛緩と、逆流が防止弁などによって心臓に戻ります。歩行や運動が十分に行えないと、血液が滞り、粘着性の汚れた血液になって血栓ができやすくなります。

若い世代の方は活発に動き、脚の筋肉も太く柔軟で、強力なポンプとして心臓に血液を戻しますが、年齢を重ねると運動量も少なく、筋肉も痩せて下半身の血流も淀みがち。足腰の冷え、むくみ程度ならまだいいのですが、怖いのは「血栓」。血流が悪く淀んで固まった血が肺・心臓・脳の毛細血管に入ってしまうことです。飛行機や列車で長時間同じ姿勢でいると健康な方でも血栓が生じやすいですね。いわゆるエコノミー症候群(肺塞栓血栓症)です。

メドマーは筋肉の動きをエアマッサージで機械的に作り出し、抹消静脈の血流やリンパの流れを改善しますので、十分な歩行や運動が出来ない方、療養中の方にはおすすめのマッサージ器です。

メドマーはこんな効果が期待できます

こんな効果が期待できます
  • 血行促進
  • 疲労回復
  • 筋肉の疲れをとる
  • 筋肉のコリをほぐす
  • 神経痛、筋肉痛の痛みの緩解

お仕事・スポーツ・家事・外出の後の筋肉の疲れを効果的にやわらげます

メドマーの特徴
  • 圧力センサーによる制御で、脚の太さに関係なく一定の加圧力で心地よいマッサージが行えます。
  • 空気袋をオーバーラップさせてあり、揉み残し部位のない効果的なマッサージが行えます。
  • すべての操作がスイッチボタンで簡単に行え、手軽にご利用いただけます。
  • ソフトな空気圧によるマッサージなので、局部的な痛みや電気的な刺激がなく快適です。
メドマーの特徴

第2の心臓とよばれる脚を刺激し、10分ですっきり

ふくらはぎの筋肉は足元から心臓へと血液を送る役割もしています。

メドマーは空気圧によって下肢(脚)全体のマッサージを行うブーツのような形をした機械です。圧力センサがついていますので、脚の太さに関係なく、一定の加圧でマッサージを行うことができます。

空気圧によるポンプ効果で筋肉の凝りをほぐし、循環系の改善を行うことによって血行が促進され、血液を心臓に返したり、リンパ液や余分な水分を中枢に戻す手助けになります。空気圧によるソフトなマッサージですので、痛みや電気のような刺激は全くありません。神経痛や筋肉痛の痛みの緩和、筋肉疲労、むくみ、静脈瘤、冷え性などの改善に効果が期待できます。ただし、急性炎症がある場合(受傷直後など)には適応しません。

メドマー使用時の血液循環図

メドマー治療はこんな方におすすめです

ひとつでもあてはまったらご相談・来院ください
  • 階段の昇り降りがつらい
  • 冷房の効きすぎで足腰が冷える
  • 出かけるとすぐに足が痛くなる
  • 夕方になると靴がきつい
  • 布団に入っても足がなかなか温まらない
  • 偏平足気味で足が疲れやすい
以下の症状に心当たりのある方は事前に相談ください
  • ペースメーカを使用している方
  • 心臓が悪い方
  • 高血圧症、腫瘍のある方
  • 糖尿病
  • 妊娠初期
  • 出産直後
  • 熱が38度以上ある方
  • 骨粗損傷や各骨部分の不調
  • 痛風など体に何らかの異常、自覚症状がある場合
  • 安静が必要な方
  • 意思表示が困難な方の使用

リンパ回路とメドマーの関係

循環器系というと心臓から動脈で血液が全身に送られ、端末の毛細血管で静脈になって心臓に戻る循環を思いますが、もう一つあるんです。それがリンパ回路。血液回路と違うのは、リンパ回路は静脈と合流することで終わる、片道回路です。

リンパ液は体の末端の細胞液から作られます。ですから表皮などの浅い部分も深い部分も、内蔵にもミクロのリンパ管が網目になって存在します。全身の細胞液から作られたリンパ液は次第に大きな流れのリンパ管になり、鼠蹊部、骨盤部、腹部、腋窩部、頸部のリンパ節に集められ、鎖骨の下の静脈角から血管に戻されます。リンパ管には弁が付いていて逆戻りしないようになっていますが心臓のようなポンプはありません。心臓の代わりとなるのは筋肉の収縮です。このリンパ回路が途切れ、末端リンパ網で作られるリンパ液がたまってしまうのが「リンパ浮腫」です。リンパの流れは緩やかですから徐々に溜まっていき、気がつけば・・・、ということになりやすいです。リンパ節廓清手術後は マッサージ、加圧ストッキング着用などの予防をおすすめします。

最もオススメできるのがメドマーです

日常の基本的なリンパマッサージは右図をご参考にしてください。上半身と下半身の大きなリンパ節は左右それぞれの脇の下と太ももの付け根です。顔は顎の下へ、首筋は鎖骨へ。腕、へそから上は脇の下へ。おへそから下や脚部は太ももの鼠蹊部、強い力は必要ありません、撫でる程度でマッサージしてください。背中側もおなじです。

血液は心臓という強力なポンプがありますがリンパ回路にポンプはありません。丹念にマッサージすること、加圧することが最善の予防・治療になります。

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)