施術メニュー

スポーツ外傷(打撲・脱臼・捻挫)について

スポーツ外傷(打撲・脱臼・捻挫) サムネイル

スポーツ外傷とは、スポーツ、運動中に捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。

近年、多くの人が趣味や健康目的で様々なスポーツに取り組んでいます。

身体にとって適度な運動は全身の代謝が促進され、同時に気分もリフレッシュするなど体調整えていく上でとても効果的です。

その一方で、無理なトレーニングや疲労の蓄積により、怪我が原因でかえって調子を崩してしまう方も大勢います。

また、ケガというほどでもないけど、何か違和感(突っ張る、しびれる等)を感じる。という場合もご相談下さい。外傷の種類によってはすぐに痛みが出ないものもありますし、違和感を放置して運動を続けると、悪化し痛みに変わることもありますので、早めの診察・施術が大事です。

当鍼灸整骨院では怪我の回復はもちろんのこと、怪我の原因を患者さんと一緒に分析し、今後再発を繰り返さないよう症状に合った治療を行っていきます。

さらに、治療と同時進行で調子の悪い患部だけでなく、周辺の筋肉や関節をほぐして怪我をする前より調子を良くする事もできます。早い人では初回治療を受けた直後から身体が柔らかくなり、その場でパフォーマンス向上を実感することが出来ます。
生涯スポーツとして、一生運動できるようメンテナンスも兼ねてお気軽にお越し下さい。

こんなお悩み・心当たりはありませんか?

  • スポーツで怪我をした
  • ケガをしにくい体になるようにメンテナンスしてほしい
  • サッカーのドリブル中につまずいて、足首をひねった
  • ゴルフでスイングしたら、腰がグキッとなった
  • デッドボールで肘を痛めた
  • 痛みのせいで思うように練習できない

打撲について

体をぶつけるなどして、皮下出血や腫れが起こることをいいます。
当院では、アイシングなどして痛みのある部位を冷却します。
痛みがひかない場合は、他の損傷を合併している場合がありますので、 病院での受診をおすすめします。

捻挫について

捻挫とは靭帯の損傷のことをいいます。
特徴としては、すぐに症状が出るのではなく、損傷した日の夜や翌日になって腫れてくることが多々あります。
捻挫は初期の処置が重要になります。
痛みの強さに関係なく早めに受診しましょう。

脱臼について

痛みの症状として、関節部の痛みや腫れ、関節の変形、関節がうまく
動かすことができないなどの症状があります。
処置が遅れると、症状が長引いたり、脱臼が習慣性になってしまう
可能性がありますので、一定期間は固定してください。

肉離れについて

応急処置としてアイシングを行い、テーピングなどで固定します。
時間が経つにつれて症状が腫れや痛みの強い場合は、早めに受診してください。

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)