施術メニュー

腱鞘炎について

腱鞘炎 サムネイル

腱鞘炎とは指や手首を使い過ぎると手の腱や腱鞘に負担がかかり炎症をおこし指の付け根や手首が痛くなる事を言います。

最初は手首などに違和感を感じる程度からはじまります。
長時間のパソコンの仕事など現代では指や手首を使う事も多くあるので増えている症状の1つとも言えます。

そしてなによりスマホなどが普及して長時間指を使う事が増えている人は特に注意をしないといけません。

手や指先を酷使し過ぎたために起こってしまう疾患「腱鞘炎」。仕事病の一つだから仕方がない。スポーツ選手なら故障のひとつやふたつはあって当たり前などと、腱鞘炎を甘くみてはいけません。

腱鞘炎は、初めのうちは手や指先を動かしたときだけ痛みが走る。動かさなければ特に異常はないということが多いですし、軽度の腱鞘炎であれば手や指先をしばらく休ませることで自然に治ることもあります。しかし、悪化すると安静にしていても痛むようになってしまうこともあります。

手をしばらく安静にして様子を見たいけれど、仕事でパソコンを使うため休ませることができない。大事な大会があるので練習を休むことができない、という方もいることでしょう。また、しばらく安静にしていると痛みはなくなるけれど、何度も繰り返す、という方もいることでしょう。

安静にしていて、治る一過性のものであれば問題ありませんが、安静にすることができない、何度もぶり返す、という方は完治させるための根本治療が必要です。

こんなお悩み・心当たりはありませんか?

  • 車の運転でハンドルを握ると痛む
  • 包丁やフライパンを使えない
  • パソコンの打ち込みがつらい
  • 痛いだけでなく指が上手く動かなくなっている
  • 手を床につくだけでも痛みがでる
  • 手のストレッチなどをしているが痛みが一向にひかない
  • ペットボトルのふたをあけられない
  • 窓拭きの際に痛む
  • 字を書けない

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)