施術メニュー

顎関節症について

顎関節症 サムネイル

口を開けにくい、口を開けると音がする、顎が痛い。このような症状があれば顎関節症と診断されます。

歯医者に通われている方は「マウスピース」を作っている方が多いです。

おもに治療はそれだけ。睡眠中に「歯ぎしり」「食いしばり」をしているから、マウスピースをして寝てください!という指導をされるようです。

しかし、これは治療にはなりません。なぜかというと、歯ぎしりや食いしばりでは歯や歯茎にかかる負担を減らすだけで、そもそもの歯ぎしりをおこしてしまっている原因は改善していないからです。※もちろん、負担を軽減することも大事です。

顎関節症で悩まれている方は全身がガチガチに力が入っている人にみられます。

パソコン作業や日常生活でのストレスで歯を無意識に食いしばる、
頬杖をつく癖があるなど、顎に負担をかけることで噛み合わせが悪くなるといった状態が長く続くと、睡眠中は歯ぎしりをしてしまい、力が抜けない状態になってしまいます。

さらに、自律神経の不調で力がガチガチにはいっていることで、食いしばりや噛み合わせに不具合が起きている場合もあります。

顎関節症になる人は頭痛・めまい・耳鳴りなど自律神経の症状も併発している場合が多いです。

上記のように、顎関節症で悩まれている方は全身がガチガチに力が入っている人にみられるので、体を緩められるようにしていかなければいけません。

当鍼灸整骨院では身体のバランスを整える事で筋肉の緊張を緩めて、歯ぎしりや食いしばりを解消していきます。そしてかみ合わせを調整していくことで、顎関節症が改善していきます。

こんなお悩み・心当たりはありませんか?

  • 口をあけようとすると顎が痛む・音が鳴る
  • 物を噛むと痛い
  • マウスピースをしているけど変化を実感できない
  • 歯医者に行ってもなかなか改善が見られない
  • 柔らかいものを食べるだけでも顎が痛い
  • 痛くて口を少ししか開けられない
  • あくびを恐る恐るしかできない
  • 話しをしていると段々顎が痛くなる

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)