施術メニュー

産後、骨盤がゆがむ原因

妊娠中は自分の身体とお腹の赤ちゃんを守るため、どんな女性でも脂肪がつきふっくらとしてしまいます。
しかし、産後に体型が戻らずに悩むお母さんはたくさんいます、特に体重は戻っても体型は戻らなかったという方がかなり多くいるといわれています。その原因は骨盤のゆがみが大きく関係しているのです。

妊娠中にゆがんだ骨盤は、3〜4ヶ月かけてゆっくりと元の正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠中に身体のバランスが崩れていると正常な位置に戻りづらくなります。
特に産後3ヶ月頃までに、横すわりや椅子の足組み、猫背、授乳中にあぐらをかいているなどといった姿勢は骨盤をさらにゆがませる原因となります。

骨盤が歪むとどうなるの?

①体型が崩れ、痩せにくくなる
②生理不順、不妊など婦人科系のトラブルを引き起こす 
③その他にも便秘、冷え性、憂鬱感、更年期障害等、美容や心に様々な弊害

産後骨盤矯正について

産後骨盤矯正 サムネイル

骨盤の大まかな構成として、真ん中に仙骨・尾骨と左右にある寛骨という大きな骨でできています。
これらは、内蔵、生殖器を守る役割があります。

妊娠中になると体内からホルモン(リラキシン)が出て骨盤をはじめ、全身の関節・靭帯がゆるみ骨盤が開いていきます。
さらに出産時に骨盤は開き、赤ちゃんが産道を通る時に恥骨結合が緩み骨盤を広げてしまうからです。
※帝王切開の方も妊娠中のホルモン分泌により骨盤はひらいてしまいます

出産後は、自然にしていてもある程度は元の骨盤の状態に戻りますが、完全に出産前の状態には戻りにくいです。 産後に骨盤をケアしないと、骨盤がゆがむことで肩こり・腰痛、むくみ、冷え性などの不調にもつながってしまいます。

また、骨盤が開いた状態だと、内臓の働きが悪くなり、代謝が悪くなることで、産後太りに悩まされる方も多いです。

特に、骨盤がゆがむことで、ぽっこりお腹やO脚に悩まされる方も多くいらっしゃいます。

腰痛の原因は大きく分類すると以下のようになります。

1.妊娠でお腹が大きくなり腰が長期間反りっぱなしになり腰に負担がかかっている。
2.妊娠で腹筋が伸びることによりかえって腹筋が利かなくなり腰に負担がかかっている。
3.妊娠により骨盤が拡がり骨盤周囲の筋肉に負担がかかっている。
4.妊娠によりお腹が大きくなりがに股歩きになって股関節と太ももの筋肉に負担がかかっている。
5.妊娠により骨盤内部の筋肉が引き延ばされて負担がかかっている。

当院では骨盤の歪み・傾き・開きをチェックして1人ひとりに合わせた治療を行います。

こんなお悩み・心当たりはありませんか?

  • ポッコリお腹を何とかしたい
  • おしりが大きくなった気がする
  • 尿漏れ、冷え、便秘がある
  • 産後のスタイルが気になる
  • 肩がこりやすくなった
  • 疲れやすくなった
  • ウエストがきつくなった
  • 痩せにくくなった
  • 腰痛、肩こり、股関節痛がある
  • 産後の体調が優れない

産後の骨盤矯正の期間は?

産後の女性のじん帯はとても柔らかくしなやかで、骨盤矯正には絶好の機会です。
基本的に産後2~6ヶ月までに行うのがおすすめです。

産後1ヶ月は悪露がでるなど出産の影響がまだ体に残っており、無理に骨盤矯正を始めると悪露ができらないことがあるため1ヶ月は様子を見ましょう、ただし、あまりにも腰痛や恥骨痛がひどいときはご相談ください。

産後6ヶ月経つと骨盤が閉じた状態になり、一度閉じてしまうと矯正するのが大変になるので、そうなる前に骨盤矯正をしておくことをおすすめします。

産後は美しいプロポーションを取り戻すチャンス

産後間もない頃(約1ヶ月)は、リラキシンというホルモンの働きにより、関節がゆるくなっています。
この時期は確かに骨盤がゆがみやすく不安定な時期でもあるのですが、逆に言うと、身体のゆがみを治すチャンスでもあります!

この好機を見逃すのはもったいないと思いませんか?

出産で開いてしまった骨盤やずれを元に戻すことにより、美しいプロポーションを取り戻しましょう!

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)