施術メニュー

自律神経失調症・めまいについて

自律神経失調症・めまい サムネイル

自律神経は各種内臓・血管・分泌腺などに広く分布し、不随意的(自分の意思とは関係なく)に各臓器・器官を調節することによって、外的環境の変化や内的環境の変化に対して自身の内部環境を維持する機能を果たしている神経系です。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は能動的で、主に活動している時や緊張している状態の時に優位になると言われています。対して副交感神経は同化的で、食事や睡眠など主に休息している時や緊張が緩む状態の時に優位になると言われています。そしてそれぞれがバランスよく保たれている事が良好な状態なのですが、このバランスが崩れてしまうと様々な症状が現れてくる事があります。これを自律神経失調症(不定愁訴症候群)といいます。

自律神経失調症は一般に種々の自律神経性愁訴を有していますが、これに見合うだけの器質的病変(検査では異常が出ない)がありません。

自律神経失調症は疫学的には思春期から40歳代の間に好発し、男性より女性に多く、症状としては自覚的なものが多く、頭痛・肩こり・めまい・疲労感・不眠・ふるえ・四肢冷感・熱感・発汗異常・動悸・息切れ・胸部圧迫感・胸痛・食欲不振・胃部(腹部)膨満感・便秘・下痢など多彩です。

めまいの原因

ストレスフルの現代社会において、めまいを訴える方が増加してきています。「グルグルと目がまわる」「急にめまいがした」「めまいのためふらついてしまう」「日常的にめまいが起こる」という方はいませんか?

耳の病気によりめまいが起こることもあるため、ひどい場合は耳鼻科にかかる方もいらっしゃると思いますが、検査をしても特に異常が見つからない場合もあります。また、内科的病気や心因性の病気を疑い受診される方もいるようですが、特に悪いところも見つからず、めまいの原因はわからないまま、対症療法でしのいでいる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

冒頭で申し上げたように、めまいはストレスが原因である場合も多く自律神経を整えることで治まるケースも少なくありません。また、首などの歪みから神経や血管が圧迫されてしまっているためにめまいが起こっていることもあります。

当鍼灸整骨院では、問診・検査によりめまいの原因を明確にしたうえで、(例えば、歪みが原因であれば、歪んでいる部分を丁寧に矯正するなど)原因・症状に応じた根本治療をおこなっていきます。原因不明のめまいに悩んでいる方は、気軽にご相談ください。

自律神経失調症の諸症状に鍼・灸・マッサージは有効

自律神経失調症の諸症状に対して、はり・きゅう・マッサージなどの手技療法がある程度の成果を上げている事はそれなりによく知られています。

これは身体の表面からの刺激が体性感覚神経を介して内臓の働きやホルモン分泌などに影響を与える自律神経反射の中の「体性-内臓反射」を応用させたものです。
例えば、腹痛の時にお腹をさすったり温めたりすると、痛みが和らいで楽になった経験は誰にでもあるでしょう。これは腹部への刺激が自律神経を介して痛みを和らげる働きをしたからです。

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)