施術メニュー

スポーツ障害について

スポーツ障害 サムネイル

オスグッド・シュラッター病、野球肩、野球肘、テニス肘、リトルリーガーショルダー、ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨などスポーツ障害にもいろいろな疾患があり、スポーツの種類や練習頻度などにより発生する疾患も異なれば症状も異なりますが、スポーツ障害は「使いすぎ症候群」とも呼ばれ、特定の部位を使いすぎる・同じ動作を繰り返すことで負担がかかり痛めてしまうことで発症します。そのため、練習をセーブすれば、そのうち治るだろう、と安易に考える方もいるようですが、練習を休んで様子をみれば自然に治ってくれる訳ではありません。もちろん、練習を休むのが嫌だからと痛みや違和感があるのに我慢して練習を続けるのは禁物です。

スポーツ障害は、慢性化・重症化してしまうと将来的にスポーツができない体になってしまう可能性もあります。そんなことにならないためにも、当鍼灸整骨院でしっかり治療していきましょう。

こんなお悩み・心当たりはありませんか?

  • 足底腱膜炎
  • 鵞足炎
  • 野球肘・野球肩
  • テニス肘
  • ジャンパー膝
  • ゴルフ肘
  • 足関節捻挫
  • 水泳膝
  • ランナー膝(腸脛靱帯炎)
  • 下腿コンパートメント症候群
  • タナ障害
  • シンスプリント
  • アキレス腱炎
  • オスグッド病

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)