施術メニュー

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症 サムネイル

一般的に脊柱管狭窄症とは、椎間板ヘルニアや背骨の変形、すべり症などで脊髄(神経)が通る道が狭くなっている状態のことを総称して脊柱管狭窄症といいます。

加齢により骨や靭帯などが変性して起こることが多く、椎間板ヘルニアに比べ50代以降の高齢者に多くみられます。長い時間歩くと症状がひどくなり、しばらく休むとまた歩けるようになる、間欠跛行(かんけつはこう)が典型的な症状です。

脊柱管狭窄症を改善するためにはゆがみを改善する事が必要です。 しかしゆがんでいるところをポキッと整えれば良いという事でもありません。 体がゆがんでしまう原因を取り除く必要があります。

ゆがみの原因とは日常生活の疲労やストレスによる「内臓疲労」です。

人間の体は内臓を守るような反射があり、内臓に負担がかかると体がゆがむようにできているんです。 例えばお腹が痛いと背中が丸くなりますよね?

その悪い姿勢の状態が続くと筋肉が硬くなり、コリになって痛みに変わります。

当鍼灸整骨院の整体により内臓の働きを良くして、ゆがみを改善し循環を促すことができれば脊柱管狭窄症も改善していきます。

こんなお悩み・心当たりはありませんか?

  • 朝起きると動き出すのが辛い
  • 腰を反らすと痛みが強くなる
  • お尻や足のしびれや痛み
  • 腰が痛くて立ってるのが辛い
  • 長距離歩くことが出来ない
  • 常に前屈みになっていて姿勢が悪い
  • 歩いてると足に痛みやシビレがあって長く歩けない
  • 腰や足に痛みがあり眠れない事がある
  • 病院で脊柱管狭窄症と診断された

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)