施術メニュー

坐骨神経痛について

坐骨神経痛 サムネイル

坐骨神経痛とは、太ももの後ろから足先まである坐骨神経が圧迫されることで痛みが表れる病気のことです。「神経痛」という言葉が含まれるだけに坐骨神経痛も年配の方に多い病気で、若者はまずかからないはず、と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

確かに、中高年に多く発生する病気のひとつではありますが、軽度の腰痛や腰椎椎間板ヘルニアを治療せず放置していたために坐骨神経痛を発症してしまい来院されているお若い方もいらっしゃいます。

ちなみに、中高年の方の場合は、腰部脊柱管狭窄がもとで坐骨神経痛になる方が多い傾向にありますが、年代問わずいきなり坐骨神経痛になってしまわれる方は極稀で、元々腰が悪かった、軽度の腰痛もちであった、という方がほとんどです。

ですから、少しでも腰に違和感や痛みを覚えたなら、早めに治療を始めるのが得策ではありますが、万が一、坐骨神経痛になってしまったら腰や太もも、足先など広範囲に痛みや痺れが及ぶと歩行困難になるばかりか、日常生活にも支障をきたしてしまいます。そうなる前に当鍼灸整骨院へご相談ください。

坐骨神経痛が起こる原因として、様々なケースが考えられますが、一般的に多いのは日常生活での悪い姿勢などで、お尻周りの筋肉が緊張して固くなり、神経を圧迫してしまうことです。
それにより腰の痛みやだるさ、しびれなどが症状として発生します。

日常生活での姿勢の悪さから、全身のバランスが崩れ、骨盤・骨格がゆがみ、筋肉が固くなってきます。
ですから、坐骨神経痛を改善するためには、まずは原因である骨盤・骨格の歪みを整えて、筋肉の緊張や神経の圧迫を改善する必要があります。

当鍼灸整骨院ではまず、患者様の身体の状態をしっかりと検査させていただき原因を特定していきます。
全身のバランスが崩れてしまっている方には、骨盤や骨格のゆがみを整えることで、坐骨神経痛の原因となっている腰からお尻にかけての固くなった筋肉の緊張を改善します。

骨格が整うことで、筋肉の緊張を改善し、坐骨神経の圧迫を改善し、腰周りの痛みや痺れが改善されていきます。

また再び骨盤や骨格がゆがまないために、日常生活での姿勢の改善も必要となりますので、再発を防ぐアドバイスも行います。

こんなお悩み・心当たりはありませんか?

  • お尻から足の後ろ側にかけて痛みや痺れがある
  • 長年の痛みなのでもう治らないとあきらめている
  • デスクワークをしているとお尻から太ももがダル痛い
  • 腰がダルくお尻の横をどんどんと叩くと気持ち良い
  • 整形外科で骨の変形による坐骨神経痛と診断された
  • 痛みで足が動かしにくくなり、動きたくない
  • 身体をかがめると痛くて、靴下が履きづらい

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)