施術メニュー

O脚・X脚について

O脚・X脚 サムネイル

立位姿勢の時に膝が外側へ開くのがO脚、膝がくっつくのがX脚です。
初期の症状では見た目の問題だけの事が多いですが、症状が進んで変形が強まってくると痛みや機能障害が出てきます。足が太くなってきたり、むくみや腰痛も起こることがあります。冷え症や便秘の原因にもなることがあります。

O脚の悩みは、若い人から高齢の方まで意外と多くいらっしゃいます。O脚改善は美しさを求めるだけではなく、健康面でも重要です。
なぜなら、O脚は変形性膝関節症と共に、腰痛や骨盤の歪みを引き起こす他、骨盤が開いてしまうため内臓も下垂して、お腹も出っ張ってきます。

X脚の症状はO脚と同じような症状ですが膝関節への負担がO脚と比べて大きくなります。放置して問題となることが多いのもX脚のほうです。スポーツ障害を起こしたり、膝関節症を起こしたりします。

O脚・X脚の原因は2つあります。「生活習慣が原因になる後天性」ともうひとつは「遺伝が原因の先天性」です。X脚は最終的に老後の生活を寝たきりにする可能性があり、早い人では40代で変形系膝関節症になる確率が男性42%、女性61.5%と整形外科学会統合データで調査されていますので早めに矯正する必要があります。
O脚の根本的な原因は全身の中心にあり、上は背骨、下は股関節につながっていて、全身を支える土台のような役割をしている「骨盤」にあります。O脚の方は大概、骨盤が正常な位置からずれて後ろに傾き、足のかかとに体重が多くのった立ち姿勢になっています。このことからO脚を根本部分から治すためには、骨盤を正常な位置に戻してやる事が重要になります。

こんなお悩み・心当たりはありませんか?

  • 偏平足
  • 外反母趾
  • 生理不順
  • 足を組まないと居心地が悪い
  • 足のむくみが取れない
  • ダイエットの効果が得られない
  • 太もものお肉が気になる
  • 下半身だけ太りやすい
  • O脚で膝や腰に痛みがある
  • O脚からくる生理痛がひどい
  • O脚が気になり、人に足を見せるのがいや
  • O脚が気になり、ミニスカートを履けない方
  • 足を膝下だけでクロスしてしまう
  • 足を開いて足首を交差させ、座ってしまう
  • 片側に両足を流して座る横座りで座ってしまう
  • 靴の底の減り方が左右違う。または外側だけが異常に減る方

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)