施術メニュー

腰痛について

腰痛 サムネイル

腰の痛みの原因は筋肉の疲労から起こるものや、ヘルニアが原因になっているケースなど様々です。

軽度な腰痛なうちは「このくらい大丈夫。湿布でもはっていればそのうち治るだろう」など深刻に考えることなく、日常生活を送られる方も多いと思います。しかし、たかが腰痛と侮っていてはいけません。軽度とはいえ、腰痛を抱えながら治療を受けず、日常生活を送っていると知らず知らずのうちに腰に負担をかけ重症化、慢性化してしまいます。また、様々な症状を引き起こしてしまう原因にもなってしまいますし、ふとした時に、ぎっくり腰やヘルニアになってしまうリスクも高まります。

腰痛の根本的な原因は、実は「背骨と骨盤のズレ」にあります。

当整骨院では腰痛の根本的な原因(背骨と骨盤のズレ)を治療し、早期回復を促します。

治療は早ければ早いほど、効果が高くまた辛い症状を長引かせること無く完治を目指すことが出来ます。腰が痛い、なんだか違和感がある、という段階でもできるだけ早めにご相談ください。

当院の腰痛治療はまず、腰痛の原因を究明することから始め、原因・症状に応じた根本治療を行っていきますので、単に痛みを取除くだけでなく、再発するリスクを軽減することも出来ます。

こんなお悩み・心当たりはありませんか?

  • 長時間のデスクワーク
  • ぎっくり腰をしたことがある
  • 歩行が痛い、正座が出来ない
  • 姿勢が悪く背骨が歪んでいる
  • 慢性的な腰痛を感じている
  • 座っているだけで腰が痛い
  • 足にシビレがある
  • 常に腰が重い感じがする
  • 病院やマッサージ行っても腰の痛みが変わらない
  • 普段よく足を組む
  • 重いものを中腰で持ち上げる

骨盤は大切な臓器を守っている

特に女性にとって言えることなのですが、骨盤の中にはとても大切な臓器があります。大腸や小腸、膀胱、子宮、卵巣など。
それが骨盤によって保護されています。

もし骨盤の歪みがひどいときは、骨盤内の循環が悪くなるために、生理痛などの症状が出やすくなります。

骨盤矯正で骨盤の歪みを正してあげることは、全身の筋肉バランスや循環を改善すること、そしてまだ病気になる前の不調(未病)を予防することに繋がります。

下半身太り、骨盤の歪みが原因かもしれません

骨盤矯正で骨盤の歪みを整体で整えてあげると、足が細くなる方もいます。患者さんでは、治療をしているとズボンが緩くなってきたという方が多くいます。

それは、バランスを整えることで筋肉の無駄な緊張がなくなり安定した状態になるからです。筋肉は緊張すると縮み太くなります。骨盤が安定していなければ緊張しやすい状態、つまり筋肉が太くなっている状態がキープされやすくなります。

上半身から骨盤にかけては多くの筋肉がありますが、骨盤から足に繋がっている筋肉も多くあります。
例えば、もも(大腿)の前側の大腿四頭筋やももの後ろ側のハムストリングなど。それを介して、膝から下の筋肉にも影響を及ぼします。

血行やリンパの流れが圧迫され、血行不良による冷えを引き起こし脂肪がつきやすくなります。

ひどくなってしまった場合は、セルライトになってしまいます。
また、骨盤が広がってしまうと、内臓が骨盤の間に落ち込んでしまったりお腹も出やすくなります。

足のむくみと骨盤との関係・・・骨盤の歪みで循環が悪くなる

筋肉が緊張しているとどうなるでしょうか?
その間をとおっている血管やリンパ管が圧迫されます。そうなると、血液やリンパ液の循環が悪くなります。

逆に、筋肉の緊張が緩むと、血液やリンパ液の循環が良くなります。足のむくみの原因にもいろいろとありますが、骨盤の歪みが一つの原因になる事があります。また、足がつるという方もいますが、それも循環系の問題だったりします。

なかなか「足むくみ」がマッサージだけ頑張っても改善されないな、と思ったら骨盤矯正をしてみるのもお勧めです。

各種保険、駐車場20台、日曜診療、キッズスペース

  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付
  • 不妊外来・産後ダイエット
  • 労災・交通事故取り扱い

受付時間

 
午前××
午後××
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)