今日は意外と当院へくる患者さんの多い症状で不妊についてのお話をしていきます。

不妊と聞くと女性側の問題が強いようなイメージを持つ方が多いですが、決してそういうパターンばかりではありません。

 

最近増えているのが男性側に問題をかかえる不妊です。現代の男性の精子数、質が著しく低下していると言われているのはご存知ですか?

これも理由はいろいろありますが大きくは食の変化と言えるでしょう。

欧米のご飯が日本へはいってきてファーストフードやカップラーメンなど手軽ですが栄養価の低い食事をとるひとが増えてきました。

日本では昔から習慣的に不妊は女性に問題があると考えられています。

こどもができないことで女性が苦しい立場にたたされ、夫婦間だけでなく嫁姑の問題に発展するということも過去には多くあったようです。

 

しかし、実際は不妊は女性だけに原因があるとされるのは約40%で、男性のみ、または男女ともに原因があるとされるのが45%といわれています。

つまり、およそ半分は男性側になんらかの異常があるということです。

そうした男性の不妊の原因のほとんどは、精子をうくる機能に関することです。

WHOの基準では、一回の射精量が2ml以上、精液1mlあたりの精子の数が2000万以上、運動率50%以上、奇形率15パーセント以下を正常とし子の基準に達しない場合を男性不妊症と診断しています。つまり、精子の数や精子の遠藤率が妊娠にはとても重要なことなのです。

精子が正常より極端に少ない場合を乏精子症といいます。精液一mlあたり約5000万個の場合を軽度、一万個以上を中度、100個以下を重症度と区別しています。

また、精子がまったくいないことを無精子症、精子の運動率が、低下する病態を精子無力症といいます。いずれにしてもこどもがなかなかできないという場合は奥さんばかりに責任を押し付けず男性も一度精液検査を受けられることをおすすめします。

 

女性が妊娠しやすい体内環境が大切なように、男性も妊娠させやすい体内環境を作ることが大切です。

赤ちゃんを授かるのに冷えは大敵です。

子宮や卵巣のある下半身は冷えの影響を受けやすくなっています。

子宮や卵巣が冷えてしまうと、月経痛、月経不順、子宮内膜症、子宮筋腫、などを引き起こす原因になることもあります。

また、冷えは血流が悪いと言えます。

体温計で細かく自分の体温をチェックしていくのも大切ですね。

みなさんはどんなことでお困りですか?

ぜひ教えて解決させてください!!!