人の体を構成している成分には、水分と骨や筋肉、脂肪などの固形成分です。その割合は水が50-60パーセント、脂肪以外の固形物が20-30パーセント、脂肪が15-25パーセント程度とされています。

 

美しい体型を維持するにはこの割合を正常に保つことが重要です。では、増えすぎてしまった体脂肪を効果的に落とすためにはどうしたらいいでしょうか。

体脂肪を落とすための方法はとてもシンプルです。摂取するエネルギー量よりも消費するエネルギー量を増やせばいいのです。しかし、実際に体脂肪を落とそうとすると簡単にはいきません。

体脂肪の量が標準値にある人は、摂取エネルギーの量と消費エネルギーの量を調整することで体脂肪の量も、調整することができます。

しかし、体脂肪の量が標準値を超えている人は、そう簡単にはいかないものです。

ではどうしたらいいのでしょうか?

食事の量を極端に減らすのは厳禁です。食事を摂らないという過激なダイエットは逆効果を招きます。摂取エネルギーが少ないと体は飢餓状態にあると勘違いし、脂肪を溜め込むように体質を変えてしまうのです。やはり食事は三食バランスよく摂取することが重要です。

またどか食いや大食いは急激に血糖値をあげ、消費されなかったエネルギーを体脂肪へ蓄えるインスリンの分泌を増加させてしまいます。

インスリンの分泌量を増加させるどか食いは体脂肪増加の原因となるのです。

血糖値を急激にあげず、インスリンの分泌を抑えるような食事をするように意識しましょう。

消化吸収の時間のかかるお米は、血糖値を長時間安定させる効果の高い主食です。また、定番の日本料理は炭水化物やタンパク質など、栄養バランスの良いメニューの宝庫です。

体脂肪を落としたいのであれば、洋食やジャンクフードをおさえて日本食をメインにしていきましょう。

体脂肪を落とすための運動は有酸素運動がおすすめです。

 

酸素を取り込むことで脂肪の燃焼を促進し、体脂肪を減らすサポートをしてくれます。

ウォーキングや水泳など、体への負担が低い運動を毎日続けるようにしましょう。

 

またインナーマッスルを鍛える方法も効果が高いと言われています。

インナーマッスルを鍛えると代謝があがり脂肪が燃えやすい体質に改善することができます。

長時間運動する時間がないという方は当院でインナーマッスル鍛えてみませんか?