こんにちは!

佐賀県の基山町の多賀はりきゅう整骨院です。

今回お伝えしていくのは

『骨盤矯正をする前に大切な事』です。

 

みなさんの中に骨盤矯正や猫背矯正を体験された事のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

もちろん、歪んでしまった骨盤や猫背を治して行くことは非常に重要な事です。

 

ただ、ここでお伝えしていきたいのが

そもそもなんで歪んでしまったのか??

 

みなさんも考えてみましょう!

ご自身の姿勢に意識を向けてもらってなんでこうなったかを想像してみてください。

 

今想像してもらっているものは大部分が正解だと思います。

骨盤の歪む原因で多いのが

①生活環境

②骨盤を支える筋肉の筋力低下

です。

 

①生活環境

例えばの話しで産後ママの話しをしていきます。

産後圧倒的に増える時間といえば『抱っこ』ですね。

抱っこする時も腕の力で支えようとすると疲れてしまうので、大多数の人が骨盤にお子さんを乗せて抱っをしようとします。

そうすると、腰が前にでてしまい『反り腰』になってしまいます。

その状態を長時間、毎日する訳なので骨盤が歪まない方がおかしいぐらいです。

 

さらに腰が反ってしまっているので腰の骨が圧迫されてしまい腰痛の出来上がりです。

 

このようにその方の仕事での姿勢や生活環境によって歪み方や症状はまったく変わってきます。

 

これがすごく骨盤が歪む中ですごく大きい原因です。

また、そういう生活環境も原因としてありながら、もう一つの原因が

②骨盤を支える筋力の筋力低下です。

これは加齢によるものや、デスクワークで座る時間が長い人など様々あります。

 

骨盤には様々な筋肉がくっつきます。

その中でも、骨盤を支える筋肉として重要なのが『大腰筋(インナーマッスル)』です。

これは腰骨から始まり、骨盤の中を通り足の骨に付着する筋肉です。

様々な筋肉の中でも、骨盤を支える筋肉としては一番重要といっても過言ではないぐらいです。

逆に言うと、いくら骨盤矯正をして形を整えてもその土台となる筋肉が備わってないとすぐに歪んでしまいます。

 

なので、骨盤の歪みを治す際はこの『大腰筋(インナーマッスル)』も一緒に鍛えていく必要があります。

 

鍛えていく際に一番早いのは専用のEMSというトレーニング機器を使う事。

もちろん筋肉なので自力で鍛えていく事も可能です。

しかし、力こぶの様に意識して動かせる筋肉ではないので正しいフォーム、正しい知識をもってやっていかなければなりません。

そこは当院がお伝えしていきますのでお気軽に聞いてください!

 

以上、『骨盤矯正をする前に大切な事』でした!

これからもよろしくお願いします!