皆さんは歯磨きするとき、どんな歯磨き粉を使っていますか?

最近では歯の美白や、爽快感がでるものなど様々な効果がある歯磨き粉が出ていて、購入時は宣伝文句を参考にしている方もいると思います。

ですが、歯磨き粉の中には、安全でない成分が含まれている可能性があります。

皆さんは歯磨き粉の原料を確認したことがありますか?一般的に歯磨き粉の主成分として「基本成分」と「薬効成分」とに分けられます。基本成分をベースに、求める効果を与え、高める目的でいくつかの薬効成分が配合されています。

○歯磨き粉の基本となる原材料

  • 清掃剤…歯を傷つけずに汚れを落とす(リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウム)
  • 湿潤剤…適度な湿り気を与える(グリセリン、ソルビトール)
  • 発泡剤…口の中に歯磨き粉を広げる(ラウリル硫酸ナトリウム)
  • 粘結剤…個体と液体を結合させ、保形性、粘性を与える(カルボキシメチルセルロスナトリウム、アルギン酸ナトリウム、カラギーナン)
  • 香味剤…爽快感や香味など、風味を整える(サッカリンナトリウム、メントール、ミント類)
  • 保存料…変質を防ぐ(プロピレングリコール、安息香酸ナトリウム)

〈薬用成分〉1~2種類配合されるのがほとんど

  • 虫歯予防…モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ素
  • 歯肉炎予防…塩化セチルピリジニウム、塩化ベンザルコニウム、トリクロサン
  • 歯周病(歯肉炎・歯周炎)予防…塩化クロルヘキシジン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
  • プラークの分解…デキストラナーゼ
  • 歯石沈着防止…ポリリン酸ナトリウム
  • 知覚過敏抑制…乳酸アルミニウム、硝酸カリウム

歯磨き粉にはこのようにいろんな成分が入っていて、そのほとんどが化学物質が使われています。

発泡剤の役割を果たしているラウリル硫酸Naは、歯磨き粉のなかでも注意が必要な成分の一つです。ラウリル硫酸Naは洗浄力が高く、泡立ちが良いという特徴で、歯磨き粉としては歯がキレイになった印象や爽快感を感じる事が出来ます。ただしそれは、発泡によってよく磨けた雰囲気になるだけで、特に歯を健やかにする効果はないそうです。

ラウリル硫酸Naは一昔前のシャンプーやボディーソープに使われていて、原価が安く泡立ちも良かったため、大量生産されていました。今現在では、ラウリル硫酸Naの分子が小さすぎて浸透力が高く、炎症やかゆみといった皮膚トラブルを引き起こす要因になることから、シャンプーやボディーソープでは使われなくなっています。

そういった「刺激性」は口腔内でも同じことが言えます。それは口の中の粘膜を荒らすことで、”口内炎”を引き起こす要因になってしまうことです。口内炎ができるのは、他にも様々な要因があるので一概には言えませんが、歯磨き粉を変えたとたんに口内炎ができたのであれば、もしかするとラウリル硫酸Naが関係しているのかもしれません。

また、歯を磨いた後に飲食をすると、食べ物の味が変わることありませんか?これはラウリル硫酸Naが舌にある味覚を脳に伝える味蕾(みらい)細胞に結合するためだといわれています。時間が経つと治りますが、一時的にも体に刺激を与えているので、長期的に使うとどうなるか分かりません。できれば繰り返し使い続けるのは避けたいところです。

この続きは、また次回に載せます。

当院では、日々の生活に役立つ情報を提供しております。ぜひ一度ご来院下さい。