すべての病気の根源は、冷えといっても過言ではありません。冷えは万病の元とも言われているくらいです。

冷えは、不妊症のみならず、多くの病気を誘発させます。ただ、足が冷えて、つる、むくむ、そんな症状だけであればまだ良いでしょう。

体温が1度低下すると、基礎代謝は約12パーセント、免疫力は30パーセントも低下してしまうのです。

健康体というときの体温は36.5度くらいを指します。それが36.0度まで下がると低体温で、ストレスが増加し、疲れが蓄積しやすくなります。

35.5度まで下がると排泄障害など腎機能の低下や、アレルギーが現れたりします。

そして35.0度、これはがん細胞が活性化する温度です。このことからもわかるように、体の冷えが進むほど、糖尿病、アレルギー疾患、鬱病、不妊症、そしてがんなどの病気のリスクが増えていくのです。

これらは体が冷えてしまっているだけでリスク増える、恐ろしいですよね?

冷えの主な原因には、次のようなものがあります。

①胃腸に血液が集中し、他の部分に行き渡らない結果、血液が滞り内臓が汚れていきます。

この状態が内臓の冷えにつながります。

②ストレスが溜まると交感神経が刺激され、血管が収縮して血流が阻害されます。それが冷えの原因になります。

③一年中冷暖房の効いた部屋での生活は、人間の体温調整機能を衰えさせています。

現代の快適な生活が皮肉にも冷え性を増加させる原因となっています。

④熱(体温)は、人間にとって生命力のバロメーターです。老化が進むと体は冷えて衰えます。

 

 

妊娠したいなら、食生活全般も見直しましょう。今はとても便利な時代ですからお腹が空けば調理をしなくてもすぐに、食事をとることができます。

しかし、コンビニ食品やファーストフードは栄養が隔りがちで、カロリーも高めです。

その上、食品添加物の不安もありあまりオススメできないというのが本音です。

こんなことを書いているわたしじしん、コンビニやファーストフードに頼ることも多く食生活を見つめ直すべきだなとよく考えます。

自分だけの体でないということをよく、考えておきましょう。大切な人とあなたのこどもを産めるのはあなたなのですから。

また、ついつい食べたくなる甘い食べ物も食べ過ぎないことをおすすめします。

不妊治療中はメンタルてきにもきつく糖分を補給したくなりがちですが摂りすぎには十分気をつけてください。

多賀はりきゅう整骨院では不妊治療も行っております。みなさんの健康に当院をご利用ください。