佐賀県の基山町にある多賀はりきゅう整骨院です!

 

今日お伝えしていくテーマは

『スマホ首』

についてです!

 

最近、この名前をニュースなどでよくみかけます。

スマホの普及、アプリの普及にともない以前と違い携帯を見る時間が圧倒的に増えています。

 

そこで今回は『スマホ首の原因と症状』についてお話ししていきます。

 

そもそも、スマホ首とはスマートフォンを使用している時の首の形をいいます。

頭を下に傾けて首を屈曲している状態です。

 

 

このような姿勢を長期間していると頭部前方偏位が起こり、首の痛みや様々な症状が体に起こってきます。

 

スマホ首とは難しい言葉で言うと『反復性ストレス障害』といいます。

 

『反復性ストレス障害』とは

同じ事を繰り返し行う事によって生じる障害の事です。

 

スマホ首でいうとスマホを継続的に長時間扱う事を指します。

 

正しい姿勢というのは耳の下に肩の一番高い所がきます。

 

ですがスマホを扱っている時は頭が前に出て尚且、下を向きます。

 

すると、首や肩に負担がかかり不調の原因となります。

 

ストレートネックと混合しやすい方もいるようですが、ストレートネックは常に首がまっすぐである状態なのでスマホが関係するとは限りません。

 

次に症状ですが

・肩こり、首の痛み

・椎間板症、頚椎症、手のしびれ

・頭痛

・吐き気、めまい

・自立神経失調症

・うつ、やる気がでない

・胸焼け、逆流性食道炎

・息苦しさ

などです。

 

症状が進行すると『頚椎症性神経根症』までになることがあり、首から腕にかけてしびれや痛みを伴う事もあります。

 

ここでスマホをしている時としてない時の違いを実感してみましょう!

 

まずスマホを扱っている姿勢で深呼吸をしてみましょう。

次にスマホを扱わず胸を張った正しい姿勢で深呼吸してみてください。

 

 

姿勢を変えるだけで体内に取り込む酸素の取り込む量が30%近く変わってきます。

 

 

そうすると脳にも酸素がいかず、疲れやすい、やる気がでない、息苦しさがでてきます。

 

 

あと、頭が前にどれだけ倒れているかによって首や肩にかかる負担も変わってきます。

 

 

最大27kgの重りを背負って生活する事になります。

 

 

当院は佐賀県の基山町にある多賀はりきゅう整骨院です。

 

当院は特に姿勢の施術に強い院です。

 

 

姿勢の事のみならず痛みの事でも何でも相談してください。

 

当院は女性の先生も常駐しておりますので中々言いづらい事もご相談しやすいかなと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

 

また次回もお得な情報を届けていきますこで今後もよろしくお願いします。