もずくは、モズク科やナガマツイモ科に属する海藻です。別名イトモズク。

おもに熱帯から温帯の浅い海に分布します。そうめんのような細長い形状で枝分かれのある糸状海藻であり、ホンダワラなどほかの褐藻類に付着することから、藻付くという名がついたと言われていて、漢字表記にすると藻付と書かれています。

海中に自生しているときは褐色ですが他の褐藻類と同様熱湯に通すと緑色がでてきます。

日本で消費されているもずく95パーセント以上が沖縄産もずくで、約9割が養殖のものです。

 

噛むとわかめのような歯ざわりがありますが、表面がぬるぬるして強い粘りがあるのが特徴です。

このぬるぬるの部分に体に良い成分であるフコイダン、アルギン酸が多く含まれています。

またミネラルやビタミンも多く含まれています。それではフコイダンわアルギン酸は、どのように私たちの体によくはたらいてくれるのでしょうか?

まずフコイダンは硫酸化多糖の一種です。コンブやわかめ、もずくなど褐藻類の粘質物に多く含まれる食物繊維です。

抗酸化作用、抗菌作用、抗がん作用、血中コレステロールの低下などの効果が研究で発表されています。

また、フコイダンは水溶性の食物繊維であるため、腸内で水分を抱え込み余分なコレステロールや糖分を吸着し体外へ排出する働き、高血圧を下げるはたらき、整腸作用を促す働きなどが報告されています。

まとめると、

○ガンを予防したい

○免疫力を高めたい

○アレルギーがある方

○胃の調子が悪い方

○コレステロールが気になる方

○高血圧が気になる方

におすすめの成分がフコイダンです!

 

アルギン酸は海藻のぬめり成分のことです。

コンブを70度以上のお湯で煮るとぬめり成分が溶け出してきます。

このぬめり成分が昆布に含まれている食物繊維であるアルギン酸です。

アルギン酸の効果の中でも注目されているのがコレステロールの吸収をしにくくするというポイントです。

不溶性の食物繊維は、胃や腸で水分を含みカサを増すことで腸を刺激して排便を促します。

水溶性の食物繊維は糖質などの吸収を妨げるとともに体外への排出を促します。

つまり、アルギン酸は腸に溜まった老廃物などの吸収を妨げて排泄を促す効果、効能を期待できるのです。

ほかにも、高血圧を予防したり、動脈硬化を予防したり、さまざまな研究結果が発表されています。

みなさんの健康のワンポイントにとりいれてみてください!

また、お身体のお悩みなどありましたらぜひお気軽に当院へご相談ください!