味噌は豊富な栄養素を含み、その効果効能から医者いらずと言い伝えられていることをご存知ですか?日本人には馴染み深い食品なので、毎日何かしらの形で食べている方も多いのではないでしょうか??

味噌は医学や栄養学の面からもその効果を次々と発表され、最近では日本を代表するパワーフードとして注目されています。

 

大豆を発酵させて作られる味噌ですが、発酵することで大豆に含まれる少量のアミノ酸やビタミン類が大量に作られ、大豆で摂取するよりも優れた栄養をもちます。

味噌は大豆と麩、塩を原料としてタンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含みます。

他にもペプチド、アミノ酸のタンパク質や、イソフラボン、サニポン、酵素、食物繊維、リノール酸など健康に良いとされる栄養分も多く、女性はとくに摂取したいですね。

味噌は発酵してることから普通の大豆にはない酵母や乳酸菌などの栄養素を含み、更に体内へ栄養を吸収しやすいと言われています。

味噌は原料の違いによって何種類かありますが、その中でもよく使用される白味噌の栄養分を見てみましょう。

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンE、葉酸、食塩など。

味噌はカロリーが低く、女性には嬉しいビタミンEや葉酸も含まれます。

塩分高めという点は注意していただきたいですが、脂質も低く健康面以外にダイエットや美容面にも効果的と言うことができます。

過酸化脂質と呼ばれる物質が体内で増えるといわゆる廊下が促進されますが、味噌に含まれるビタミンEやイソフラボンの抗酸化作用によって老化を防ぐ、酸化を防ぐ働きがあることを、期待されています。

 

食物繊維は腸内をきれいにしてくれるので便秘解消につながり、ダイエット効果が期待されます。

他にもコリンという成分が含まれておりコリンには肝機能を高める働きがあり、肝臓に脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。

脂肪肝でなやむ方にオススメの栄養素です。

また、大豆に含まれるタンパク質の一つであるβコングリシニンには、血中の中性脂肪を低下させる働きがあるとも言われています。

味噌の主原料である大豆にはサポニンが含まれています。このサポニンはコレステロールの上昇を抑制する効果があると言われていますり

 

また、不飽和酸であるリノール酸と大豆レシチンにも血中コレステロールの上昇を抑える効果が期待できます。

 

味噌一つでもこんなにたくさんの秘密がつまっています。私たちの体を作るのは私たちが口に入れるものが全てです。健康を保つためにもっともっと健康活動してみましょう!