今日は、いつもきてくれる患者様よりほうれん草をいただきました。そこで今日は、ほうれん草について少しだけ詳しくお話ししていこうと思います。

 

ほうれん草は総合栄養野菜と呼ばれるほど栄養豊富なお野菜です。

まず、ほうれん草の代表的な栄養素と言えば鉄分。ほうれん草に含まれるている鉄分は牛レバーと同じくらいというので驚きです。

鉄分は赤血球をつくる材料になり、貧血予防に役立ちます。日本人の約20パーセントが貧血と言われます。疲れやすいなどの貧血特有の症状がでれば注意です。

続いて抗酸化作用の代表格βカロテンです。活性酸素の働きを抑制することでがんの予防などの効能があります。また体内において必要な分だけビタミンAに変換されます。ビタミンAには、皮膚や呼吸器、消化器の粘膜を保護するはたらきがあります。

100グラムのほうれん草で1日に必要な40パーセントを摂取することができます。

 

続けてビタミンC。ビタミンCらお肌をつくるコラーゲンの生成を促進したり、免疫力の向上やストレス耐性の向上に効果がてきる成分です。

続けてビタミンK。ほうれん草は野菜類トップクラスのビタミンK含有量です。

ビタミンKは、血液を固めるはたらきがあります。ケガなどで出血をしたときに血を固めて止血をします。またビタミンKは骨を丈夫にサポートしてくれます。骨粗鬆症などの予防に効果が期待できます。

続けて、カリウム。体内の細胞浸透圧の調整を担っています。余分なナトリウムの排出を促進するはたらきがあります。

さらにほうれん草は葉酸も豊富に含まれています。葉酸はビタミンB群の一種で、赤血球の合成や、DNAなどの遺伝子を構成している核酸の合成など血液に関係する働きが多いです。

葉酸はなんとほうれん草から発見された物質です!

続けて食物繊維は、腸内環境を整え、便秘の改善などに効果的です。

ほうれん草はβカロテンが豊富に含まれているため私たちの体内で必要な分だけビタミンAに変換されます。ビタミンAはわたしたちの皮膚や鼻、のど、口などの粘膜、胃や腸の粘膜を正常に保つ働きがあります。

このため、ウイルスが侵入してきても、入口の粘膜をで撃退できる可能性が高くなり、結果として免疫力向上に繋がります。

わたしたちが知らず知らずのうちに口にしている食べ物は栄養がたくさん含まれてるのです。

体をどんどん健康にしていきましょう!