最近、eスポーツの話題がニュースでも取り上げられ、ゲームをやる人が増えてきて、またゲームの種類もスマホゲームからテレビゲーム、PCゲームなど多種多様に存在します。

そんな中、ゲームをしていて疲れやすかったり、体が痛くなったりすることってありませんか。その原因は、姿勢にあります。

ゲームをしている時の状態は、どうしてもゲームの方に意識が行ってしまうので、背中が丸まりやすく、頭が前に突き出す形になる、いわゆる猫背の状態になりやすいです。猫背の状態は、肩こりや腰痛、頭痛などの原因になります。また、ゲーム中は瞬きの回数が減りやすく、ドライアイなどになりやすかったり、背中が丸まっていることで肺が十分に広がらず、呼吸機能の低下の原因にもなります。

では、正しい姿勢でゲームをするためにはどうするのか、お伝えしていきます。

①床の上はやらないこと

床の上であぐらをかいてやると、骨盤が後傾しやすくお勧めできません。背もたれのある椅子に深く腰掛けましょう。ただし、ソファは体勢が崩れやすいので避けましょう。足はしっかりと床につけます。背中はしっかりと背もたれにくっつけます。

②テーブルに向かって座り、手を上にのせて行う

テーブルに手を置いてすることで、過度な前傾姿勢がなくなるのでとてもお勧めです。

③休憩時間をこまめにとる

ゲーム中は、熱中して長時間やってしまい体が疲れてしまうので、こまめに休憩をとり、その際は体を後ろに反らすなどストレッチを行いましょう。

正しい姿勢ができるようになってくると、ゲームのしやすさも格段にアップします。集中力が続きやすかったり、ボタンの操作がしやすかったり。また、ゲーム時以外でも、勉強の時やデスクワークでも正しい姿勢は必要です。

そして、姿勢を維持する筋肉がインナーマッスルと呼ばれる、体の内側にある筋肉です。インナーマッスルがないと、体を支えづらくなり、骨盤の歪みや猫背の状態になってしまいやすいので、しっかり鍛えていくことが大事です。体幹トレーニングも有効ですし、当院で扱っているEMS「楽トレ」は、名前の通り寝ながらにして楽にインナーマッスルを鍛えることがことができる機械となっております。ぜひお試しください。

ゲームを上達させる上でも、姿勢改善が不可欠になります。正しい姿勢を意識して、楽しく健康にプレイしましょう。また、骨盤の歪みや猫背は自分ではなかなか気づきずらいものなので、一度、当院までお越しください。