ついにこの季節がやってきました。お悩みの方も多いのではないでしょうか?そうです。花粉です。今年は暖冬ともいわれ冬もそんなに冷え込むことなく花粉がぬくぬくと大量に発生しています。今まで花粉症だったかたは今まで以上にお辛い症状に悩まれたり、今まで花粉症ではなかった方も今年は要注意です!!!

すーっと垂れてくる鼻水がとまらない、目がかゆい、鼻の奥がいたい、涙がとまらない、のどがイガイガする、といった症状にお困りの方は一度病院で検査してもらうことをおすすめします。

早めに治療した方が、症状が軽く済む傾向にあるようです。

現在日本では約25パーセントの人が花粉症と言われています。花粉症とは、スギやヒノキなどの植物のよう花粉が原因となって、くしゃみ鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。

季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

アレルギー性鼻炎は原因物質の種類によって二つに分類されます。

季節性アレルギー性鼻炎は『=花粉症』

原因となる花粉の季節だけに症状が現れます。日本では約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。

主なアレルゲンはスギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなどです。

症状は、三代症状くしゃみ、鼻水、鼻づまりだけでなく、目の症状かゆみ、涙、充血などを伴う場合が多くそのほかにかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。

 

そのほかに通年性アレルギー性鼻炎はアレルゲンが一年中あるもので、症状も一年中あります。

主なアレルゲンはダニ、ハウスダスト、ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛やフケなどです。

症状は喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。

最近通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、異物感に悩まされるというひとも少なくありません。

 

関東地方を例にとると、2月ごろからスギ花粉の飛散がはじまり四月下旬に飛散が少なくなります。

そして、ヒノキ花粉の飛散がはじまり、五月の末ごろまで続きます。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、めのかゆみ、異物感などの症状は、花粉の飛散量に比例して悪化する傾向にあります。

みなさんがお悩みの花粉症の症状も当院では鍼へのアプローチも行なっておりますので、一度ご相談下さい。

一緒に元気で健康な過ごしやすいお身体作りを目指しましょう!