腰だけではなく、お尻や太ももの後、ふくらはぎやすね、足などの下肢に痛みやしびれ感覚麻痺が現れときには歩行障害などを伴う症状これを坐骨神経痛といいます。

坐骨神経痛は病名ではなくこれらの症状の総称です。もっと簡単に言うと頭痛や腹痛と同じ痛みを表す言葉の1つです。坐骨神経痛の原因となるのは、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなどの脊柱の病気が主です。

またまれに内臓の病気や泌尿器の子宮筋腫など婦人科系の病気腰の骨の収容収容がんの骨転移あるいは梨状筋症候群と言う筋肉の異常が原因で病気が起こることもあります。

痛みのもととなっている原因疾患をつきとめ、それぞれにあっま治療を行うことで、坐骨神経痛は改善します。

脳から伸びている神経の束は、背骨の中心部を通り、椎骨の間から脊髄神経が出て枝分かれしながら腕や手、胴体や内臓、脚や足などに広がっています。

もし事故などで首の骨を損傷すると、頚椎をとおる脊髄も大きく傷つき、首から下の体が動かせなくなることがあります。

 

損傷が腰椎なら、下半身が動かせなくなります。

つまり、脊柱のどこかで脊髄が痛手を負うと、脊髄神経が分布する先まで広く症状が出現するのです。

 

坐骨神経の場合は、馬尾神経や神経根が圧迫されているために神経痛が起こります。

腰から下肢に伸びている坐骨神経という神経に沿って症状が現れるのが特徴です。

多くの場合は腰痛に引き続いて足の痛みや痺れが出現し、ときには痛みのためにカンケツハコウと呼ばれる歩行障害がみられたり、肛門や外陰部のしびれ感、排尿障害、性機能の障害などが起こることもあります。

 

 

まずは体の仕組み、背骨の仕組みから簡単に知りましょう。

背骨の役割は体を支えることと、神経を守ることです。

このあいだの脊柱管の中に脊髄という液が収まっています。

脊髄は、第1腰椎のあたりで終わり、その先は、まるで馬のしっぽのように見えることから、この部分をバビと呼んでいます。

馬のしっぽのようなバビは腰椎部分の腰神経、仙骨部分の仙骨神経、尾骨部分の尾骨神経の三つに分かれます。

腰神経は、腰椎の左右のすき間から、仙骨神経は仙骨にあいている左右五個ずつの穴から伸びています。

坐骨神経は鉛筆くらいの太さで、長さは足先までいくと1メートルにもなります。

この神経がなんらかの形で圧迫を受けると強い症状が現れます。

この原因がなんであるかを知ることが坐骨神経と戦う上で最も重要です。

皆さんのお身体がなぜそうなってしまったのか一度当院で調べてみませんか?