日頃から慢性頭痛に悩まされている人、いわゆる頭痛もちは日本人の3人に1人くらいだといわれています。慢性頭痛にもいろいろありますが、一番多いのが緊張型頭痛で、15才以上の日本人の約20パーセントを占めています。次に多いのが片頭痛。そして珍しい物で群発性頭痛とよばれるものもあります。どれも命にかかわるものではありませんがそれぞれ痛みの起き方やそれを引き起こす誘因、セルフケアの方法も全然ちがうので注意が必要です。

緊張性頭痛の痛みの特徴は片頭痛に比べて軽く、頭全体が重くなって圧迫されるようなぐーと締め付けられるような痛みがあります。

このうち筋肉の緊張からくる緊張性頭痛はデスクワークで長時間前屈みの姿勢を続けたり、パソコン画面を長く見続ける人などに多くみられます。

合わない眼鏡をかけていたり、そのほかの目の疲れによっても起きてきます。

心からくる緊張型頭痛は、職場の人間関係や家族の問題など、精神的なストレスに弱い人に多いようです。

頭痛の起こり方も漠然とした頭の鈍重感に始まり、一日中継続することもあります。

いずれのたいぷも体と心の緊張解消が第一なので、初めから薬に頼るのではなく、ストレッチや体操、マッサージをしたり、外の空気を吸ったりして気分転換を図ることです。

ゆっくり入浴するのもリラックスにつながります。

 

片頭痛の患者さんは女性が男性の約3.5倍も多いです。特に30代女性の約20パーセントは片頭痛をもっています。症状としては、ずきんずきんという拍動性の痛みが頭の片側におっこります。痛みの原因は血管の周囲が神経性炎症を起こしたりり血管が異常に拡張することにあるとおもわれます。

発生頻度は月に1,2回ほどで痛みは数時間から長い人で三日間ほど続きます。吐き気を伴い光をまぶしくかんじたり、音にも敏感になります。

生あくびがでたり、空腹感やいらいら感がつのりだすと、前もって頭痛がくるのがわかるというかたもいます。

また頭痛の前兆として、目の前にきらきらした光が出現してしやがぼやける症状を訴えるかたもいらっしゃいます。

 

対処法としては自分の片頭痛をおこす誘因をつかんでおくことです。

一般的な誘因ではワインやチーズが有名ですが、患者さんによってさまざまです。片頭痛防止にはそういった誘因を避けることが大切です。

 

自分で解決できない理由は筋肉の緊張が誘因としてかなり多くあげられます。

薬を飲まなくていい生活しませんか?