明けましておめでとう御座います。今年もよろしくお願い致します。

三が日がすぎ仕事始めになる方が多いと思いますが、正月気分が抜け出せずに眠気や倦怠感が残ったままになっている、いわゆる「正月バテ」になってはいませんか。

「正月バテ」になりやすい原因として、

1、寒さで外出しにくく、また運動不足で身体が疲れやすい

2、クリスマス、忘年会、正月とイベント続きで暴飲暴食に陥りやすく、栄養のバランスも乱れる

3、寝正月で生活のリズムが崩れる

4、時間に余裕があるためにスマホやテレビを際限なく見続け、ダラダラ過ごしてしまう

といったことが挙げられます。また、寒さから血液循環が滞り、筋肉のコリや冷え性、頭痛など様々な身体の不調を及ぼす原因にもなります。そうならないためにもしっかりと生活習慣を整えていくことが大切です。

●改善に向けてのポイント

①姿勢を意識する

お休み中は猫背などの悪い姿勢を取りがちになります。正しい姿勢をとることで疲れにくく血流の循環が良い身体になります。詳しくは当院まで。

②バスタイム

身体をしっかり温めて疲労回復しましょう。お風呂の温度は40℃くらいがおススメです。

③良質な睡眠

毎日同じ時間に寝るように習慣づけることが大切です。睡眠には浅い眠りの”レム睡眠”と、深い眠りの”ノンレム睡眠”があり、”レム睡眠”で起きると目覚めが良いとされています。良質な睡眠がとれていれば、最低4.5時間の睡眠でも休息は十分です。

④お散歩をする

身体を動かすことで、血流が良くなり疲れにくい身体になっていきます。また、朝早く外に出ることで朝日を浴び、体内時計がリセットされるので夜の寝つきも良くなります。

⑤食生活

アルコールの摂りすぎは肝臓を弱らせる原因に。遅い時間の夕食は睡眠の妨げになります。また、ビタミンB群、鉄、カルシウムが疲労回復には不可欠です。また食欲が無いときは、消化のよいネバネバ系の食品を摂りましょう。オクラや山芋、モロヘイヤ、納豆はたんぱく質の吸収を高め、消化吸収を助ける働きがあるのでおススメです。

⑥喫煙

タバコの吸い過ぎは体内のミネラルやビタミンを壊し、免疫力低下を引き起こします。

 

これらのポイントを気を付けて、健康的な新年にしていきましょう。まだお休みの方も前日に意識してスムーズに切り替える準備をしていきましょう。

多賀はりきゅう整骨院は、本日1月4日(金)から通常通り診療致します。ぜひご来院下さい。