前回の”ヨガについて”の続きになります。

ヨガの種類は様々で、およそ70種類以上あるとも言われています。その中でも代表的なものをご紹介します。

●ハタヨガ

数多くのヨガの元祖とも言われている、最もポピュラーなヨガです。日本のほとんどのヨガスタジオで用いられています。ヨガの基本を学ぶことができ、ゆったりとしたポーズが多いので、これからヨガをやってみたい初心者の方や幅広い年代の方にオススメです。

●アシュタンガヨガ

ポーズ(アーサナ)を連続して行うため、ヨガの中で運動量がとても多いです。また、難易度も少し高めなので、ある程度のヨガ経験者や体力に自信のある方に向いていると言えます。

●アイアンガーヨガ

補助的にベルトやヨガブロックなどの道具を用いて行うため、初心者や柔軟性に自信のない方、リハビリにオススメです。

●パワーヨガ

アメリカで、インドのヨガを現代寄りにアレンジしたものがパワーヨガといわれています。ヨガブームの火付け役とも。エクササイズのような運動量が豊富なところが特徴です。しっかりと汗をかけるので、運動による爽快感が欲しい人やストレス解消したい方にオススメです。

●ホットヨガ

ハタヨガから派生したひとつで、室温40℃、湿度60%程度の高温多湿の環境で行います。主にダイエットや美肌、冷え症対策として行う方が多いです。また、心身のデトックスをしたい方にもおススメです。

●陰ヨガ

運動量が高い陽ヨガ(アシュタンガヨガ、パワーヨガなど)に対し、ポーズ(アーサナ)のほとんどが座位や寝位で行われ、緩やかな呼吸と共に腰、肩、骨盤周辺に焦点を当てていくのが特徴です。柔軟性アップにとても効果があり、下半身が痩せにくい方や骨盤の歪みが気になる方におススメです。

●クンダリーニヨガ

独自の呼吸法「火の呼吸」で、”チャクラ”と呼ばれる体にあるエネルギーの出入り口に働きかけて、心・技・体のバランスを整えていきます。自分自身の内面に目を向ける事に重きを置いているので、心身のリラックスをしたい方におススメです。

●マタニティーヨガ

名前の通り、妊婦さん向けに考えられたヨガです。産婦人科から許可を得られれば妊娠13週目から始められるとされています。ストレッチや精神的なケアがメインとなります。血行促進により、体の凝りや足のつりなどに効果があります。また、産前・産後の体型維持や子育てのための体力アップにもうってつけです。

ヨガにも様々な種類、特徴があるので、自分の目的や体力に合わせて選ぶといいと思います。

多賀はりきゅう整骨院では、ストレッチ指導や日々の暮らしの生活指導にも取り組んでいます。是非一度ご来院下さい。