人間が猫背になってしまうのは、立っている時、座っている時です。寝ている時には猫背にはなりません。これは当たり前ですけれども、もう一つ猫背にならない状態があります。それは膝立ちをしているときです。膝立ちをしている時は背筋がすっと伸びて決まます。もしも猫背になっていたら体のどこかに異常があります。その場合には、異常をケアするのが先決です。

普段は猫背ぎみのひとでも、自然な形で自然な形でいい姿勢になれたと思います。無理に頑張って背筋を伸ばす必要もありません。

 

猫背になる本当の理由は正しく骨に乗れていないことにあります。足の裏は広いので、つま先からかかとまで、好きなところに体重をかけられます。体重をかける場所を、脛の太い骨からはずすと姿勢が崩れてしまいます。

猫背になるときの重心は、正しい位置よりもつま先側に酔っています。体重が前にかかるとそのままいけば前に倒れてしまいます。倒れたくないので腰を後ろに引いてバランスをとります。すると上体が折れ曲がり前のめりになります。

前に屈めば、猫背でいたほうが楽に決まっています。これが猫背になってしまうメカニズムです。

 

適切な場所に重心を置けずつま先によってしまう。そもそもなぜ、こんな現象が起きるのでしょうか?つま先によるとはいっても、本当に指先に重心を乗せているひとはいません。多くの猫背の人は、足の裏の中心あたりでてっています。

ここに体重を乗せるのは、たんじゅんな理由でしょう。足の裏は広い場所です。半ば無意識に人間は、この広い足のどこに重心を乗せれば安定するのかと考えています。注意を向けているわけではないので志向能力が高く働いているわけではありません。

考えた本人が自覚を持てないほどの小さな志向です。

 

猫背は意識から変えていくことがすごく大切です。意識を変えるだけでいままで悩んできたつらい悩みから解放されるという証明があればあなたは今からでも意識を高く持って姿勢を変える努力をするでしょう。でもそれをみなさんがしないのは姿勢を変えても痛みは変わらないとどこかで信じ込んでしまっているからです。

そんなことではなにも変わりません。

私たちはみなさんのお身体を変えるサポートを全力でやっていきます。運動指導やストレッチ指導も含めてやっていきますが、みなさんの考えかたや日常生活での過ごし方が一番大切です。

痛みと別れるためにまず、みなさんの意識改革初めてみませんか??

多賀はりきゅう整骨院でみなさんのお悩みをまずお聞かせ下さい。