”脱水症”って聞くと、夏に起こるものだと思われがちですが、実は、冬でも”脱水症”は起こるんです。その原因として、

①外気や暖房器具よる空気の乾燥で、皮膚や呼気等から水分が蒸発

②夏場に比べ、汗+喉の渇きの実感がないことから、水分を失っている自覚がない

③ウイルス感染症からくる下痢、嘔吐、発熱

といったことが主にあげられます。

脱水状態が続くと、血液がドロドロになりそれが血管の詰まりの原因となって、やがて脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。そうならない為にも、日頃からしっかり水分補給することが大切です。

一日に大人が必要な水分が約2.5ℓだといわれていて、そのうち1ℓは食べ物で、残りの1.5ℓを飲み物で補います。運動した場合はその都度水分が必要になります。

効果的な飲み物として、お水(ミネラルウォーター)、無加糖でノンカフェインの物(麦茶、ハーブティー、ジンジャーティー等)がおススメです。また、運動時にはスポーツ飲料が効果的ですが、糖分がある為飲み過ぎには注意が必要です。今とりあげた飲み物はほんの一部なので、是非調べてみて下さい。

飲むサイクルとして、起床時、就寝前、入浴前後は、特に水分消費が大きいので積極的に取りたいところです。後は、食前に取ったり、休憩時間等でこまめに取るといいですね。

水分補給を日頃から心がけていると、脱水症予防だけではなく、美容や健康、ストレス改善、集中力アップとメリットが多いんです。中でも、認知症・心臓病・がんの予防としても効果があるっていうから驚きです。この機会に水分補給を意識してみてはいかがでしょうか。

多賀はりきゅう整骨院では、日々の暮らしの生活指導も行っております。是非一度ご来院下さい。