最近、巷では骨盤矯正の文字を見ることが多くなってきました。

特に、産後の骨盤矯正をする方が多くなってきています。

 

テレビや雑誌で見るモデルさんたちの中にも出産を何回も繰り返しているにも関わらず理想的な体型を維持している方はたくさんいますよね。

その秘訣の一つとして、「骨盤矯正」があります。

今回は、骨盤矯正をした場合の利点としなかった場合のリスクをお伝えしていきます。

 

まず当院に来られる産後の骨盤矯正をご希望の患者様に多いお悩みが、体型が戻らないことです。

産後は骨盤が広がって、さらに骨盤の大きく歪んできます。

そのせいで、下半身太りになってしまうのです。

さらにこの状態は、内臓が下垂してきている状態なので、内臓の機能が悪くなり便秘などになりやすくなります。

さらに骨盤の歪みは、腰痛・首肩の凝り・頭痛・股関節痛・坐骨神経痛・足のむくみや冷え・生理不順などなど全身の症状に影響してきます。

骨盤矯正はまずその骨盤の広がりと歪みを綺麗に正していきます。

 

そうすることで、まずは産後の体重や体型の変化を戻す事は可能です。

しかし産後の骨盤の状態は、それだけではもとに戻りません。

骨盤を内側から支えている「骨盤底筋」の存在が重要になってきます。

 

骨盤底筋とは、いわゆるインナーマッスルともいわれる筋肉ですが、妊娠・出産の過程でこの骨盤を支えている筋肉や靭帯が緩んでしますのです。

この筋肉が緩んだままだと、せっかく矯正で骨盤の状態を戻しても維持し続けることができないのです。

モデルの皆さんは、キレイなスタイルを維持することも仕事の一つですので、日々骨盤底筋を鍛える運動に励んでいますが私たちはなかなかそうはいきません。

運動をする時間がなかなか取れない方は運動が苦手で長く続かない方もたくさんいらっしゃると思います。

当院では、EMSという医療機器を用いしっかりと短期間で骨盤底筋を鍛えていく事が可能です。

 

インナーマッスルを鍛えることによって普段の脂肪燃焼効果も高くなりますので、産後の骨盤だけでは戻らない皮下脂肪の減少にも効果がありますし、痩せやすいお身体を作り直すことができます。

 

もしお子さんがまだ欲しいという方がいたら、骨盤がずれた状態だと性ホルモンの分泌の不安定になりますので妊娠しずらくなるというリスクも多少生じます。

今後、出産のご予定が無いという方も今後の体型悪化の予防するために骨盤矯正をおススメします。

 

産後の事で何かお困りのことがありましたら是非一度ご相談ください。