猫背でいると、頸と肩が凝ります。前に倒れそうになる上体を、頸と背中の筋肉で支え続けるからです。それでは凝ってあたりまえです。こうして背中が硬直して癖になってしまうと、今度は背筋を伸ばすのがつらくなってきます。

正しい姿勢でいると、頸と背中は解放されます。硬直して癖になってしまっている人の場合は、正しい姿勢でいることがつらくかんじてしまいます。硬くなっている筋肉を無理に伸ばしている筋肉を無理に伸ばしている形になるからです。けれども繰り返しているうちに、たいていはだんだんと楽になってきます。もしも硬直が重度だったらぬるめのお風呂にゆっくりと30分以上つかって、血行を十分に良くしていってください。

その後に正しい姿勢をとるようにすると、慢性化した硬直もほぐれていきます。腰痛についても悪くなり方は同様です。倒れそうになる状態は想像以上に腰への負担を大きくします。

椎間板にかかる圧は、いい姿勢の時の倍以上ともいわれています。いつも前屈みでいれば、腰がつらいのは想像できます。猫背程度の小さな負担でも積み重なれば腰の耐久力を超えてしまうケースがあります。

猫背で立っていると、大腿の前側が緊張してきます。前に倒れそうになるのを踏ん張るからです。急な坂道を下るときを思い出してみてください。大腿の前に力をいれて、転げ落ちないようにしています。それと同じ理屈です。もちろん、かかる負担の大きさは違います。本人も意識しなければ、猫背での小さな負担には気づきません。ですがこれが、その人の動作を鈍くしています。大腿の前に力をいれて踏ん張っている状態は、ブレーキをかけてとまっているのに似ています。

 

身体には歩くのがいいといわれます。ただ体調が悪い時に無理にあるかないでください。気持ちの良さよりもつらさが勝ってしまえば逆効果になります。

そして量をやればやるほど良いというわけではありません。一日に5分でも10分でも大丈夫です。身体にいいといわれいるスポーツ飲料を飲めば飲むほど良いと思って糖尿病になったひともいます。

なにごとにもほどほどのいい量があります。無理なく気持ちよく取り組みましょう。

その時に使う大腰筋はモチベーションの筋肉です。大腰筋が動作に参加すればそこに大きく心を籠められます。

精神のエネルギーは体の中心線、体幹部にあるのです。この大腰筋を高めて元気に気分もあげていきましょう!