胸式呼吸と腹式呼吸とは、一般に胸を膨らませるのが胸式呼吸で、お腹を膨らませるのが腹式呼吸と認識されています。胸を膨らませるのは、胸にある肺に空気をいれるので、意識としては良いです。けれどもお腹を膨らませるというのは、少し問題があります。もしあなたが腹式呼吸はお腹に空気を入れる呼吸法だと思っていたら大きな間違いです。お腹に空気は入りません。空気が入るのは肺だけです。

腹式呼吸で吸うときにお腹が膨らむのは、肺のすぐ下にある横隔膜が下がって内臓を押し出すからです。横隔膜が下がって肺の容積を拡大し、空気をとりこみます。胸式呼吸は、胸を空気で膨らませるイメージで正解です。肋骨を開いて肺の容積を広げ、空気を取り込みます。一方、腹式呼吸で同じ空気を入れるイメージを持つと、体は少しおかしな動きをしようとします。空気はお腹にはいらないのに、空気をいれようと筋肉を動かす空しい努力をします。

胸式呼吸と腹式呼吸とをまったく別物としてとらえているひとは多いと思います。よく患者さんにも胸式呼吸と腹式呼吸とどちらのほうが身体にいいのかと尋ねられます。ですがこの二種類の呼吸はどちらかを二社択一するものではありません。

肋骨が開いて胸も背中も膨らむし、同時に横隔膜が下がって内臓をおします。押された内臓は骨盤部分で柔軟に吸収されますが、それだけでは足りない場合には、お腹を大きく膨らませます。

普通に無意識に呼吸をしている時には、自然とこの全体呼吸になっています。

けれども横隔膜の動きは意識的に大きくいなければなかなか意識できません。なのでいつのまにか、腹式呼吸は意識して行うものだと誤って思い込まれていったのでしょう。

この間違いがもととなって、胸式呼吸か腹式呼吸かを選択するような勘違いが引き起こされたのです。みなさんは知っていましたか?

 

胸を張って背筋を伸ばすのは、気持ちがいいものえですね?たまにすると心のもやもやがとれて、リフレッシュします。しかしだからといって長時間はもちません。

無理に上体をのけぞらせているので次第に疲れていきます。

気を抜いた瞬間に、元の猫背に逆戻りです。姿勢を良くしようと意気込んでいる時には、猫背に築いてはのけぞり、また築いてはのけぞりの繰り返しです。

結局みなさんの今の体は猫背でいたほうが楽だということです。ですがその姿勢が皆さんのお身体に負担をかけ続けているのです。もう治らない、この痛みは慢性的とあきらめるのはまだまだ早かったのです。

 

皆さんのお悩み一度当院へご相談ください。

根本から解決します。