もし、あなたや、近くにいる人が落ち込んでいたら、とりあえず外にでましょう。そして元気よくお散歩です。

できれば明るい時間帯のほうが理想的です。街でも構いませんが、気分のいい公園などなら最高です。外に出るだけでも最高なのに、さらに元気に歩くという動作が加われば、そんじょそこらの落ち込みなら吹き飛んでしまいます。

歩くという動作は、当然ですが、前に進んでいきます。前に進んでいるという事実が、まずその人を、前向きな気持ちにさせます。にんげんは前に進んでいける、それは生きていれば、どんなに苦しい状況でも、前に進めるんだという事実を表現してくれています。視線を少し上に向けるのは、向上を意味します。元気が加われば、勇気がでます。開放的な外の空間は、自由と無限の可能性、つまり希望です。

ただ、歩くだけの行為が、こんなにも、あなたに元気な姿を教えてくれます。

もしこの動作をしても、まったく気分があがらない、効果がないという状態の時には、その人はいまの現実を生きていないのかもしれません。

心が過去のいやな体験や出来事に飛んでしまっています。すると風景の移り変わりや、自分の体の動きを認識できません。心が認識をしなければ、気分は変わりません。

そんな時は、いったん立ち止まってみましょう。そして周りを見渡してみて、みえるものを一つ一つ、確認していきましょう。

建物や木、若者、お年寄り、郵便ポスト、太陽とくも、様々なものが目に入ってきます。それらに一つ一つ、焦点をあてて、確認していきます。

建物は何色ですか?木はどんな形をしていましたか?若者はなにをしゃべっていましたか?何かに触って感触を確かめてみましょう。固いですか?柔らかいですか?べたついていますか?匂いはありますか?

顔に当たる日差しや風、遠くに聞こえるカラスの声、すべてがいまある現実です。

あなたは今を生きているのです。

改めて前を見据えて、少しだけ上を向いて、力図強く一歩踏み出してください。

今度は違う世界を生きていると感じられるかもしれません。大腰筋を積極的に使う意識がはいると、この心の効果はもっと強くなります。大腰筋は人間にとって、前向きさ、活力、モチベーションと深く関わるのです。

大腰筋からしっかり歩くと、芯から元気が湧き出てくるようなかんじがします。芯から元気が湧き出てくれば、そのエネルギーは人生を向上させる原動力にもなります。

皆さんはしっかり大腰筋を使えてますか?大腰筋チェックしてみましょう!

気になったかたは当院へ一度ご相談ください。