が与える体への影響

猫背でいると、首と肩が凝ります。前に倒れそうになる状態を、首と背中の筋肉で支え続けるからです。それでは凝って当たり前です。こうして背中が硬直して癖になってしまうと、今度は背筋を伸ばすのが辛くなってきます。正しい姿勢でいると、首と背中は解放されます。硬直して癖になってしまっている人の場合は、私生でいることが辛く感じられてきます。硬くなっている筋肉を無理して伸ばしている形になるからです。けれども繰り返してる時に、たいていはだんだんと楽になってきています。もしも硬直が重度だったら、ぬるめのお風呂にゆっくりと30分以上使って、結構を十分に起こしてください。その後に正しい姿勢をとるようにすると、慢性化した後直もほぐされて行きます。

腰痛についても、悪くない方は同様です。倒れそうになる状態は越えの負担を大きくします。椎間板にかかる圧力は、良い姿勢のときの倍以上とも言われています。いつも前かがみでいれば、腰が辛いのは想像できます。猫背程度の小さな負担でも、積み重なれば、腰の耐久力を超えてしまうケースがあります。

 

正しい姿勢でいれば腰に不要な負担をかけなくても良くなりました。猫で立っていると、大腿の前側が緊張します。前に倒れそうになるのは、踏ん張るからです。急な坂道を降りる時を思いおこしてください。大体の前側に力を入れて、転げ落ちないようにしています。それと同じ理屈です。もちろん、係る負担の大きさが違います。本人も意識しなければ、猫背での小さな負担には気づきません。ですがこれが、その人の動作を鈍くしています。大腿の前で音力を入れて踏ん張っている状態は、ブレーキをかけて止まっているのに似ています。猫背でいる間は、ブレーキがかかりっぱなしの状態です。歩くのも当然、遅くなります。猫背の人が歩く姿は、大げさに言えばこうです。万永鳥栖になる体を、片足を出して止める。また倒れそうになった体を、今度は反対の足を出して止める。これを繰り返します。体をさせるための足なので、大きく前に踏み出せません。歩幅はどうしても狭くなります。だから猫背の人の歩き方は、とぼとぼとした印象になります。急な坂道を下る時に、ちょこちょことブレーキをかけますよね。それを平気でやっているわけです。

 

皆さんは、ご自分が姿勢が悪いなとか、猫背だなとか意識されたことがありますか?気づいていないことが1番怖いことです。なぜなら、正しい姿勢を取ろうと意識することすらしないからです。体の痛みでお悩みのある方は、一度当院で姿勢のチェックをしてみませんか?